Louis's Corpus

漫画「Final Phase」の登場人物『羽貫琉伊』の公式ブログです。 「Final Phase」はフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分を追い込んでがんばっています。

fp_lc_22.jpg

気づいたら2日くらいこの姿勢をキープしていました。
スポンサーサイト

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2012/03/29(木) 15:56:06|
  2. 近影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今朝はここで目覚めました。

fp_lc_21.jpg
着替えは研究室に常備してあります。

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2012/03/22(木) 15:53:20|
  2. 近影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「伝奇集」J・L・ボルヘス

こんばんは。羽貫です。帰国しました。
この前の写真、どこだかおわかりいただけましたか?あれは、遠く地球の裏側、アルゼンチンはブエノスアイレスの写真だったんですよ。ブエノスアイレスには、ブエノっ子が世界一広いと自慢する「7月9日大通り」という通りがあってなんと16車線もあるんです!一回の青信号では渡りきれません。
アルゼンチンには、仕事の関係で行きました。以前書いた通りアルゼンチンでは1996年にハンタウイルスによるヒト-ヒト感染が疑われるアウトブレイクが起こっており、このアウトブレイク後もなんどか疑わしい事例が発生しているので、フィールドワークと現地の研究者の方との交流をしてきました。
日本から遠いだけあって(飛行機を乗り継いでたどり着くまで2日ほどかかりました)我々にはあまりなじみがないこの国。アルゼンチンタンゴとマラドーナくらいしかイメージわかないかもしれません。そこそこ経済に明るい方には2001年におこしたデフォルトが記憶に新しいでしょう。アルゼンチンの経済状況は依然きびしいものですが、経済は少しづつ立ち直って来ていると言えるようです。
というわけでせっかく行って来たのでアルゼンチンの作家の本を紹介しましょう。日本でアルゼンチンの作家と言えばこの人しか知られていないんじゃないかな?「伝奇集 (岩波文庫)」J・L・ボルヘス



ボルヘスはいわゆる1960年代のラテンアメリカ文学ブームによって世界的に有名になったアルゼンチンの作家で、幻想的な短編を書いた小説家です。というか短編しか書かなかったひとです。
ともかく幻想的な小説です。モチーフも図書館や秘密結社や夢や架空の小説や…ともかく幻想的。きっと世の中には彼の小説をいろいろ分析してる人々がいると思うんだけど、読む前に分析されちゃうと興ざめだと思うので、スケールの小さい現実から逃避して宇宙とかを感じたい夜中なんか手に取ってみることをお勧めします。17編も短編がはいっているので少しづつ読めばいいですよ、と言いたいとろこですが、彼のあまりにも不思議な世界にどんどん引きずり混まれて、現実にもどれなくなっちゃうのを楽しむのがいいですよ。どの短編もその短編を成立させるための世界観からきっちり作り込んであってひねりきいていて、重量感がハンパないです。迷宮が深すぎて何度読んでも楽しめる、すご過ぎる本です。読み終わって現実に帰って来て自分の部屋にあるリアルな存在(電子レンジとかコンビニの袋とかね!)を見たときの変な気分が僕は好きです。
なんだかあんまりたいした紹介もできないな。でもしょうがない。そういう本なんだから。まあ読んでみてください。



伝奇集 (岩波文庫)

ぜひ。



アルゼンチンを知るための54章 エリア・スタディーズ

幻想的でないアルゼンチンについて知りたい方はこちら。アルゼンチンの地理、文化、国が抱える問題についてまで丁寧に紹介されています。


テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/03/15(木) 23:14:05|
  2. 羽貫琉伊の本棚紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さてここはどこでしょう。

fp_lc_20.jpg

世界一広いと言われている通りに立っています。

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2012/03/01(木) 04:16:46|
  2. 近影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

羽貫琉伊

Author:羽貫琉伊
漫画「Final Phase」の登場人物。
架空の人間。
ウイルス、感染症、疫学の研究をする日々。
専門はハンタウイルス。

カテゴリ

必ずお読みください。 (2)
Final Phase (11)
ハンタウイルスについて (6)
羽貫琉伊の本棚紹介 (6)
日記 (4)
近影 (11)
未分類 (0)

メール

ご意見ご感想は下記までお寄せください。

acatoaoアットマークcyclo6.com

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。