Louis's Corpus

漫画「Final Phase」の登場人物『羽貫琉伊』の公式ブログです。 「Final Phase」はフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

状況改善せず。

fp_lc_30.jpg

感染症の封じ込めシステムが動きはじめて1週間。未だ状況改善せず。
ベストは尽くしていて、他に手がない事は分かっている。封じ込めの効果が現れるのは時間がかかるのも分かっている。しかし効果が目に見えないと精神的につらい。
医療関係者に感染者がちらほら出てきて現場の士気は落ち気味だ。s地区からの脱走者も後を絶たず、ほとんどが捕まっているが脱出に成功した人間もおそらくはいるだろう。
s地区の封じ込めには法的根拠が薄いし、非常時とはいえ人権が侵害されているわけで、もっと抗議の声が上がると思っていたが、感染への恐怖からかs地区封鎖を非難する声は少ない。むしろ脱走者へのバッシングの方が盛んだ。僕は感染症の専門家なので、戦争の専門家である軍人が最も慎重な作戦計画を練るみたいに、なるべくがんがん封じ込めをしたいという気持ちが大きいけど、この状況はちょっと複雑な気分。
脱走者を擁護するわけではないけど、今のs地区はほとんどの人にとって精神的につらい場所だ。自分や家族が感染した人がつらいのは当り前だが、そのような実害がない人にとってもここはきつい場所になりつつある。元気な人はともかく退屈なのだ。
ここにいる人間で医療関係者やボランティアの仕事をしていないほとんどの人が暇だ。感染に怯えて出歩くわけもいかず、仕事や学校にも行けず、ほとんどの友人とは直接会えない。周りでは人がバタバタ死んでいく。(ちなみに酒もタバコもここでは不足している。密輸している連中がいるとかいないとか。)
こうなったら誰でも哲学的な事を考えざるを得ないだろう。自分はなぜ生まれてなぜ死ぬのか。これから何のために生きていこうか。この世界に自分はどう立ち向かっていこう…etc…。しかし多くの人はそういう事を長時間考えることに慣れていない。その思考を止めるために脳内に脱出の二文字が浮かんだとしても、まあ僕には攻められないな。皆さんはどう思いますか。

かくいう僕もここにきていろいろ考えています。いままで考えていた事が本当に正しいのか、やたら静かな夜なんかについ検証してしまいます。これは僕にとっていい事でしょう。きっと。

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2012/05/24(木) 22:58:20|
  2. Final Phase

プロフィール

羽貫琉伊

Author:羽貫琉伊
漫画「Final Phase」の登場人物。
架空の人間。
ウイルス、感染症、疫学の研究をする日々。
専門はハンタウイルス。

カテゴリ

必ずお読みください。 (2)
Final Phase (11)
ハンタウイルスについて (6)
羽貫琉伊の本棚紹介 (6)
日記 (4)
近影 (11)
未分類 (0)

メール

ご意見ご感想は下記までお寄せください。

acatoaoアットマークcyclo6.com

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。