Louis's Corpus

漫画「Final Phase」の登場人物『羽貫琉伊』の公式ブログです。 「Final Phase」はフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アシダカグモが出ました。

fp_lc_04.jpg

アシダカグモが出ました。しかも研究室に。アシダカグモってのは結構大きい上にものすごく素早いので嫌われがちですが、ゴキブリを食べてくれる益虫です。なんでもアシダカグモが2・3匹いる家では、そこに住むゴキブリは半年で全滅するとか。(ゴキブリ3億年のひみつより)まあゴキブリが本当に害虫かどうかの議論は必要だけどね。
以前説明した人獣共通感染症(zoonosis)の中でも昆虫が媒介する感染症は大きなボリュームをしめています。有名なところでは、ペストを媒介するノミとか、マラリア、フィラリア、デング熱、日本脳炎を媒介するカ(蚊)とかですね。彼らはヒトと感染動物両方に吸血しようとするので病気を広げてしまうのです。吸血はしませんがハエは不衛生なものを好むので食物を通じて間接的に沢山の感染症を媒介します。
ゴキブリもハエと同じように不衛生なものからサルモネラ菌などを持ってくると言われていますが、「ゴキブリが媒介する特定の感染症」は見つかっていません。ゴキブリをペットにしている人たちもいるしね。清潔な家に住んでいればゴキブリのせいで食中毒を起こすことはないでしょう。というか、清潔な家ならゴキブリなんて出ないか…。食中毒が怖かったらきちんと手洗いをしましょう。
ちなみにゴキブリの糞によってひきおこされるゴキブリアレルギーっていうのもあるので、ハウスダスト・アレルギーをもっている人は気をつけてください。
話が脱線したな。アシダカグモの話でした。ともかくこのアシダカグモってのはワンダフルな生き物です。もともとは外来種でしたが日本にすっかり定着しました。一説では江戸時代からいるとか。基本的には茨城県以南の本州・四国・九州地方に生息しています。ルックスは怖いですが毒はありません。素手でつかむと噛まれることがあるらしいけど、用もないのにいきなり人を噛んだりしません。臆病なので人が近づいたらすぐ逃げてしまいます。そして主食はゴキブリ。ハエや小さければネズミなども食べます。しかも自分の脚を殺菌能力の強い消化液(捕食対象へ注入するためのもの)で手入れするため感染症を媒介する可能性も少ないのです。すごい生き物でしょ。
問題はアシダカグモが現れる所にはゴキブリがいるってことなんだよね。感染症対策として僕のささやかな研究室は掃除の必要性にせまられているな…。

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2011/11/29(火) 11:13:39|
  2. 日記

プロフィール

Author:羽貫琉伊
漫画「Final Phase」の登場人物。
架空の人間。
ウイルス、感染症、疫学の研究をする日々。
専門はハンタウイルス。

カテゴリ

必ずお読みください。 (2)
Final Phase (11)
ハンタウイルスについて (6)
羽貫琉伊の本棚紹介 (6)
日記 (4)
近影 (11)
未分類 (0)

メール

ご意見ご感想は下記までお寄せください。

acatoaoアットマークcyclo6.com

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。